■ ホームページにも、CADや建築設備に関する記事があります。どうぞ!ご覧下さい。

2014年11月02日

新日本空調 表面異物識別用可視化ツール「Dライト」を開発

新日本空調株式会社は、紫外線LEDを光源とし、落下塵や付着粒子を検出するとともに、粒子から発生する蛍光色の違いを観察することで、粒子の種類を判別することが可能な新しい可視化ツールのラインナップ「Dライト」を開発した。

 新ラインナップ「Dライト」は、紫外線LEDと光学フィルターを使用して、塵埃の検出と種類の判別に最適な光を生成する専用高輝度ライトと、目視による識別感度を向上させる専用ゴーグルを組合せた新しいタイプの可視化ツールだ。
 この「Dライト」を用いれば、単に落下塵や付着粒子を可視化するだけでなく、清浄管理を必要とするあらゆる分野で、異物種類の傾向を把握して改善の対策箇所を迅速に絞りこんだり、あるいは、影響のある異物のみを選択的に管理するために役立てることができる。
 そのため、モバイル端末や自動車の製造工場の歩留り管理、食品や製薬工場における品質管理、病院やバイオ関連研究施設での衛生管理など、幅広い用途で、活用できる日常管理向けの可視化ツールとなる。


141027photo02.jpg

 にほんブログ村 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング
posted by Sugar Ray at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログのトップへ  ブログの評価を見る  ブログを評価する