■ ホームページにも、CADや建築設備に関する記事があります。どうぞ!ご覧下さい。

2014年02月28日

三菱電機パートナーWeb [WIN2K]がリニューアル

三菱電機のパートナーWeb [WIN2K]は、空調・冷熱、換気、照明といった商品に関する技術資料(図面、設計図、マニュアル等)やカタログ、販促ツールなどの情報を提供しています。
このWIN2Kが、サイトデザインを一新し、検索性、操作性を改善した新機能を追加することでより使いやすいウェブサイトにリニューアルされました。

win2k-2014.jpg

 にほんブログ村 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング
タグ:換気 空調
posted by Sugar Ray at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

新日本空調/デシカント技術による「ドライエア供給システム」を販売開始

ドライエア供給システム 新日本空調(株)は、昨今、急速に伸長する二次電池製造メーカ向けに、この製造環境として必須の低露点環境を可能とする「ドライエア供給システム」の開発を終了し、9月より販売を開始しました。

 この「ドライエア供給システム」は、ドライエアの製造に伴うエネルギー消費量と、ドライルームの運転管理コストを低減させるため、管理するべき生産装置の近傍だけを低露点環境に維持する局所低露点化技術を特徴としています。

 図2のように、低露点室の一部を局所低露点化して所定露点に管理し、他のエリアの管理露点を上げることにより、低露点室全体を所定露点に管理する方法に比べて、ドライエア供給量を30〜50%削減(設計条件により異なる)することができ、大きな省エネ効果が得られます。

・2011.9.13 ドライエア・エンジニアリングによるソリューションサービスも提供

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング
タグ:ドライエア
posted by Sugar Ray at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック/日本冷凍空調工業会

家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック(社)日本冷凍空調工業会において、騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブックが作成されました。
家庭用ヒートポンプ給湯機の販売・据付けに携わる方が、お客様に家庭用ヒートポンプ給湯機の導入をご提案いただくときに参考にしていただければ幸いです。

e-bookからPDFでダウンロードできます。

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング
posted by Sugar Ray at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

コロナ/地中熱ヒートポンプ温水暖房システムに参入

地中熱ヒートポンプの原理株式会社コロナは、再生可能エネルギーの1つであるヒートポンプ技術を利用した「地中熱ヒートポンプ温水暖房システム」に参入し、2011年度の商品化を目指します。
地中は外気温に影響されにくいため、地上に比べ温度が安定しています。この利点を活かし、ヒートポンプ技術で地中の熱を効率的に吸収し、投入エネルギー以上の熱エネルギーを取り出すのが「地中熱ヒートポンプ」です。
「地中熱ヒートポンプ温水暖房システム」は、地中熱ヒートポンプを利用することで、極寒地など外気温が特に低い地域においても、安定した出力と効率を確保することが可能な温水暖房システムです。暖房端末として、床暖房パネル、パネルコンベクター、パネルラジエーターなどを利用いただくことができます。

  にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング
タグ:温水暖房
posted by Sugar Ray at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

京都大学と大阪ガスの新たなイノベーション創出/エネルギー環境分野などで連携協定

 にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ  人気ブログランキング 2010年5月19日
 京都大学産官学連携本部(以下京都大学)と大阪ガス株式会社(以下大阪ガス)とは、京都大学の保有する様々な知見を基に、エネルギー環境分野など多様な分野における技術開発や事業化の加速を目的として、包括的な連携協定書を締結いたしました。

 京都大学は、産官学連携による共同研究などのコーディネートを進めており、その研究成果の効果的な社会還元を目的として、平成19年7月に産官学連携本部を設置し、大学全体で機密保持や保有資産などの相互利用を包括的に取り組んでいます。

 大阪ガスは、エネルギー環境分野をはじめとした様々な分野で、従来から技術開発やその事業化に取り組んできました。近年では、技術開発のスピードアップや効率化のために、自社技術と社外の知見を融合する「オープンイノベーション」を進めており、自社の具体的な技術ニーズを示すことで、社外の技術シーズの活用につとめています。

京都大学と大阪ガスとの新たなイノベーション創出に向けた包括的な連携協定の締結について
タグ:エネルギー
posted by Sugar Ray at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 設備技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのトップへ  ブログの評価を見る  ブログを評価する